TUFSオンライン留学フェアを開催

2020.11.17

2020年10月19日(月)から11月13日(金)までの4週間にわたり、「TUFSオンライン留学フェア2020」を開催しました。

新型コロナウイルスの影響で海外への渡航が制限されている状況ですが、将来の留学を目指す学生に向けて情報を提供することを目的に、留学体験報告会や各種説明会を実施しました。感染防止対策として、例年と異なるオンラインでの開催となりましたが、イベントには延べ約940名が参加し、コロナ禍でも学生が留学に高い関心を持っていることがうかがえました。

留学体験報告会では、長期?短期の海外留学やインターンシップを経験した学生が、現地での学びや日常生活について、写真や動画を交えて報告しました。コロナ禍で早期帰国した経験なども語られ、参加者との間で活発な質疑応答も行われました。また本学が協定校に設置するGlobal Japan Officeのコーディネーターから、現地の最新情報なども提供されました。

留学フェアの後半では、派遣留学、ショートビジット、大学の世界展開力強化事業(EUおよび米国)、海外渡航における危機管理に関する各説明会のほか、女性のための危機管理をテーマに留学中の性犯罪被害を扱う説明会を実施しました。またトークセッション「コロナ禍の留学をどう考えるか」では、留学に行けない今、何ができるのかを、オンライン留学の体験談などを参考に、それぞれの参加者が考える機会となりました。

留学生課および留学支援共同利用センターでは、今後もオンラインツールなどを活用し、留学に行く前に幅広い知識や情報を得られる機会を提供していきます。

PAGE TOP
看片的网站-天天看片免费高清观看